肌荒れを引き起こす食べ物とは

肌荒れの原因には色々なものがありますが、食べ物もその一つです。
肌荒れは食事によって改善することが出来ます。肌荒れを改善するためには、引き起こす食べ物について知っておくことが大切です。

 

カフェインやアルコールの摂り過ぎに注意

カフェインは摂り過ぎると、肌に必要なビタミンやミネラルを排出してしまいますし、血管を収縮させる作用があるので、肌が荒れる原因となってしまいます。
アルコールも刺激物なので、取り過ぎは避けるようにしましょう。

 

お酒を飲むことで、亜鉛という栄養素が不足することになります。
亜鉛は新陳代謝を整えるためには大切な栄養素であり、不足すると、ターンオーバーが乱れてしまったりします。
そのため、肌が荒れてしまう原因になるのです。お酒を飲むと、肝臓でアルコールを分解します。この分解をする時に必要になるのが亜鉛なのです。

 

その他、脂質が多い食べ物もとりすぎないようにしましょう。

脂質が多い食事をとると、血液の中の油分が増えることになります。
血液の中の油分が増えると、皮脂分泌量も増えてしまうのです。皮脂が過剰に分泌されれば、毛穴がつまり、吹き出物などが出来てしまうため、肌荒れにつながることになります。
このように、肌荒れの原因になる食べ物は色々なものがあります。食事で改善していくようにしましょう。