お酒の飲み過ぎが肌荒れの原因かも!

肌荒れやニキビができるとメイクも上手く乗らなかったり、他人の目が気になって外出時も憂鬱な気分になってしまうものです。
肌荒れの原因は人によって異なりますが、偏った食生活を送っていたり、睡眠不足が続いたり、過度なストレスを溜めこんでいたり、運動不足やホルモンバランスの乱れなどが挙げられますが、それに加えてお酒の飲み過ぎも肌荒れには大きく関わっているのです。

 

お酒は少量であれば血行促進にも繋がるので健康にも良いとされており、ストレス発散にも効果を発揮しますが、アルコールを多量に摂取してしまうと睡眠の質が下がってしまう傾向にあるので肌荒れに繋がるのです。

 

お酒の飲み過ぎで眠りが浅くなることによって疲労を回復することができなくなるため、肌のターンオーバーも乱れてしまうのです。

睡眠の質を下げることによって肌荒れだけではなく、内臓機能の回復にも悪影響を及ぼすことになるので、さまざまな病気の原因となってしまいますし、内蔵系の疾患の原因にもなってしまうのです。

 

酒は百薬の長といわれるように適量であれば美しい肌へ導き、健康にも良いので問題はありませんが、過剰にアルコールを摂取してしまうとニキビの原因などにも繋がることになるので、適量を飲む習慣をつけることが大切です。