不規則な食事をしていませんか?食事時間が肌に及ぼす影響とは

不規則な食生活や、睡眠不足が肌荒れの原因となってしまう事は、広く世間に知られています。
しかし、食事の内容や、睡眠時間だけでなく、食事時間も肌トラブルに大きく影響しているのです。

 

食事をする時間について

大体何時頃に食べると取ると良い。といった事が決まっている訳ではありません。
重要なポイントは、食べてから就寝するまでの間隔です。

 

寝ている時に胃腸に食べ物が残っていると、睡眠中に胃腸が活動することになり、熟睡できなくなってしまいます。
これによって成長ホルモンの分泌が妨げられてしまい、肌荒れの原因となってしまうのです。

 

では、就寝時に胃腸の中に食べ物が残っていない状態にするには、食事をしてから就寝するまでどれくらいの間隔を空けたらよいかというと、最低でも夕食を取ってから、就寝するまでの間隔は2時間以上空ける必要があります。

 

また、成長ホルモンの分泌が活発になる夜22時〜2時までには眠っている事が理想的です。

これらの条件を元に理想的なスケジュールを組むとすると、夜19時頃夕食をとり、22時には就寝することができれば完璧です。
夜遅くに夕食をとり、すぐに寝てしまう。あるいは眠る前に夜食を取るといった不規則な生活をしてしまうと、肌トラブルを引き起こす原因になってしまうのです。